●野菜と文化のフォーラム 記念講演●

野菜の学校
「日本の伝統野菜・地方野菜」6年間のあゆみ
【開催日】
2016年6月23日(木)
【会場】
東京都中小企業会館
 2010年4月〜2016年3月まで、ほぼ県単位で全国を一巡する58講座を開講しました。6年間の活動の実際、私たちが学んだ日本の伝統野菜の現状と課題などを、担当スタッフ4人でご報告します。
1. 野菜の学校「日本の伝統野菜・地方野菜」の講座とは?

[脇ひでみ]

  • 野菜の学校のプロフィール(講座要件、受講生、スタッフ、講師など)
  • 3時間の講座内容と流れ
  • 受講生の反応など

※クリックすると報告書(PDF)が開きます
2. 伝統野菜の調達、産地・生産者・流通の現状と課題

[高橋芳江]

  • 手探りで習得していったいくつかの調達方法
  • 産地の現状
  • 調達上の問題点
  • 今後の課題

※クリックすると報告書(PDF)が開きます
3. 各地の伝統野菜を調理して

[領家彰子]

  • 「食べくらべ」のための調理のポイント
  • 試食調理の考え方、工夫
    <その地方でよく食べられている調理方法、郷土料理>
    ex.にんじんシリシリ(沖縄)、ほうとう(山梨)、賀茂なす田楽(京都)、まんばのけんちゃん(香川)
    <食べ方の展開>
    ex.安家地大根のさくら粥(岩手)、やはたいものタイ風ご飯(山梨)、おいねのつるいもコロッケ(江戸東京)

※クリックすると報告書(PDF)が開きます
4. 講座を通じて学んだこと・今後の課題

[草間壽子]

  • 「伝統野菜」とは何か
  • 「伝統野菜」というコンセプトが生まれた背景
  • 定義の曖昧さがもつ包容力
  • 伝統野菜の存続の可能性


※クリックすると報告書(PDF)が開きます
PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

※これまでに開催された研究会・講演会などのご報告を見るには
下記のリストから該当する項目をクリックしてください。

その他のレポート

2011年5月23日(月) 記念講演会「野菜の機能性を生命食として考える〜農業と科学者の目を持った八百屋の取り組み〜」

 

2006年4月25日(火) 「第四期通常総会・記念講演会要旨報告」のご報告

 

2005年7月26日(火) 「ミニ研究会・麻布長江昼食会」

 

2005年7月22日(金) 講師派遣/茨城県板東市「フレッシュアグリ板東の集い」

 

2005年7月21日(木) 講師派遣/東京三越本店「食養生・健康と野菜」

 

2005年2月27日(日) 江澤正平氏 農林水産大臣感謝状受賞記念式典及び講演会